ドイツで開かれたミュンヘン安全保障会議で1日、アジアなどの地域問題に関する会合が開かれた。中国全国人民代表大会の傅瑩外事委員会主任委員が、「日本では第ニ次世界大戦の戦争犯罪が否定されている」と述べ、その背景に日本の「歴史教育の失敗」があると主張した。

 中国の簡易投稿サイト・微博では傅主任委員の発言を受け、多くのコメントが寄せられた。その大半が「中国の歴史教育は成功したのか?」との疑問の・・・・

続きを読む