中国では春節(旧正月、2014年は1月30日)にあたって、爆竹や花火を盛大に楽しむ習慣がある。しかし北京市内では今年、売り上げが大幅に減少しているという。中国新聞社が報じた。

 爆竹や花火にともなう事故や火災が毎年のように発生している。そのため、大都市では危険を理由に1990年代前半に全面禁止されたが、復活を望む声が高まり、2006年ごろから制限つきで改めて解禁されたという経緯がある。そ・・・・

続きを読む