中国政府・環境保護部によると16日朝、河北省や北京市で深刻な大気汚染が発生した。同部が発表する全国161都市の空気質量指数(大気の質指数、AQI)は午前7時段階で、約1割の16都市が「特殊な必要がある人以外は、できるだけ室外にいないこと」とされる「6級:厳重汚染」となった。うち3都市は汚染が測定の限界を超える「爆表」状態となった。

 中国政府は、二酸化硫黄や酸化窒素、PM2.5などの微粒・・・・

続きを読む