内モンゴル自治区気象局によると、寒気が流れ込んだ影響で、同区北部のフルン・ボイル市内の各所で、この冬の最低気温を更新した。摂氏氷点下46.1度を観測した地域もある。

 9日午前8時現在の気温は、ハイラル市で摂氏氷点下32.5度、ホーチン・バルガ旗で摂氏氷点下33.6度、ヤグシ市(牙克石市)で摂氏氷点下39.4度、ゲゲン・ゴル市(根河市)で摂氏氷点下37.3度、ジャラン・アイル市(扎蘭屯市・・・・

続きを読む