中国メディアの環球時報(電子版)は4日、米アップル社が2014年5月にワイドスクリーンのiPhoneを発表する可能性があると報じた。環球時報によればワイドスクリーンの新製品はiPhone6ではなく、まったく新しいシリーズになる可能性があるという。

  報道によれば、新しいiPhoneはワイドスクリーンのほか、iPhone5sに搭載されている「A7」プロセッサより優れた「A8」プロセッサが搭載される可能性がある。またiPhone6については、14年9月の新製品発表イベントで発表される見通しという。

  記事は、「現段階において、新しいiPhoneについては憶測の域を出ないものの、ワイドスクリーンを搭載したiPhoneの登場はほぼ間違いないだろう」と報じた。(編集担当:村山健二)