韓日議員連盟幹事長の姜昌一(カン・チャンイル)民主党議員は27日午前、出演したMBC放送のラジオ番組で、安倍晋三首相の靖国神社参拝について批判し、責任は日本国民あると主張した。複数の韓国メディアが報じた。

  姜議員は首相の靖国参拝について、「慨嘆と憤怒を通り越し、むしろかわいそうに思えるほど残念な問題を起こした」と発言。「政治的なショーはやめるよう求めていたのだが、今回はとても露骨で・・・・

続きを読む